<< 石空川渓谷(その1) 7月12... 桑の木沢渓谷(その1) 7月1... >>

桑の木沢渓谷(その2) 7月11日(月)

b0136381_9314141.jpg

ヴァレよ♪ アンですぅ♪

今度はアルミの脚立~回り道はないの?

あたちはお父さんについて行きたいでしゅ。
*****
b0136381_935095.jpg

あたしは、お母さんの誘導で右手に迂回して崖を登ったの。

あたちは、この階段を上りましゅ。

お母さんが呼んでも崖が怖いらしく、頑固に下で待つアンにハプニングが!
「アン、ムリだよ。あっちからおいで~」ってお父さんが誘導するために、右足を1歩踏み出した途端・・・
*****
b0136381_124106.jpg

大きな石がゴロゴロ~ンとアンめがけて落下。
右手の崖の上から見ていたお母さん「「アン、危ないっ!」って、叫ぶだけで何もできず呆然。

日頃おっとりのあたちでしゅが、瞬間に飛びのきまちた。
途中、石が脚立にぶつかってバリーンと割れた音に反応~直撃を免れまちた。
*****
b0136381_1013853.jpg


「あと20cmだったわね。当たって死ななくて良かったぁ」「浮石に足を乗せてしまったよ。うっかりしたな」
*****
b0136381_1045382.jpg

右手の崖を何とか登ったアン、お父さんと感動の再会よ。

「お父さん、会いたかったでしゅ。怖かったでしゅー」「アン、危なかったな。ごめんよ」
*****
b0136381_1084056.jpg

「くの字滝」到着。
*****
b0136381_10153426.jpg

その上にも滝があったけど、名前が?
b0136381_10134862.jpg

残すは、あとひとつゴールの「黒戸噴水滝」だけね。
*****
b0136381_10181849.jpg

最後の鉄階段でしゅが・・・途中が壊れてスッポリでしゅ。
*****
b0136381_10195330.jpg

あたしでもムリそう~急だし、3段も抜けてるし、手すりがひん曲がっててジャンプしたら刺さるかも。
*****
b0136381_10213335.jpg

落っこちたら大変!ここは潔く諦めた方が良さそう。

「ヴァレアンにはムリだから、ここまでにしましょう。写真だけ撮ってくるわ」ってお母さん。
*****
b0136381_10244776.jpg

最後の黒戸噴水滝までは行けなかったけど、よく頑張ったと思うわ。十分満足よ。

安全第一! 危機一髪な瞬間もありまちたが、サバイバルなコースを楽しみまちた。
*****
b0136381_10343854.jpg

14:00 帰りも遊びながら~ちょっと迷いながら~2時間30分かかって16:30無事ゴール。
*****
b0136381_10372493.jpg

<GPS軌跡>(受信できない場所もあり、途中電池切れなどあってデータ及び標高差グラフなし)

所要時間:5時間20分 歩行時間:5時間10分(往:2時間40分 復:2時間30分) 休憩:10分
天候:晴れ時々曇り 気温:平均20℃ ダニー:1~2(ダニ避けカード使用) ヒト:0

(桑の木沢探勝路は昭和61年に旧白洲町によって自然活用事業として整備されたが、広い駐車場もなく、
土砂崩れもあって林道歩きが30分と長く、沢の中を濡れずに歩くのはムリなので、人気が出なかったのかも。
大げさに言えば、ミニミニ屋久島のような雰囲気が残る自然感溢れる道です)
*****
b0136381_10451036.jpg

本日の宿泊は篠沢大滝キャンプ場よ。

キャンプ場のオーナーさんから「黒戸噴水滝まで行けたお客さんは、ほとんどいませんよ。
みなさん、半分くらいで諦めて戻られます」と。思わず、顔を見合わせるお父さんとお母さん。

「来週、石に赤ペンキを付けに行く予定なんですが、消えてたでしょ。
素晴らしいとこですが、予算がないので尾白川渓谷みたいに十分整備もできなくて
荒れてますからね。最後の鉄階段も落石でつぶれたまま直せないんですよ。
よくそこまで行けましたね~ワンちゃんもすごい」って、褒められちゃった。

「知ってたら行かなかったかも」ってお母さん。
「整備されすぎるとヒトが押しかけて自然が残らないだろうし、ほどほどって難しいな」ってお父さん。
*****
b0136381_10594933.jpg

キャンプ場の脇の石段を下りると、大武川が流れてて遊べるのよ。

夏休みは子どもたちで賑わいそうでしゅね。
******
b0136381_1121638.jpg

「今日は貸切なので、リバーサイドを自由にどうぞ。お好きなところ何区画使っても良いですよ。
大人しいワンちゃんたちだから、ノーリードでもOKです」ってオーナーさん。

ドッグランもありましゅが、十分遊んできたのでゆっくりさせていただきましゅ。
トイレも炊事場もピカピカで気持良いキャンプ場でしゅ。
*****
b0136381_1195542.jpg

お父さんたちは、お風呂に行ってからお食事。暗かったので料理の写真はこれだけ~
*****
b0136381_11101813.jpg

お母さんたちは車の中。あたしたちはテントの中で熟睡。

涼しくて快適でちた。
by valleange | 2011-07-15 11:26 | ハイキング
<< 石空川渓谷(その1) 7月12... 桑の木沢渓谷(その1) 7月1... >>