<< ニューフェイス 幸せの黄色いボール >>

優しい旋律

スィートメロディという名前をもらって生まれてきたアンジェリーナ
b0136381_1155297.jpg

甘え上手で可愛くて、NOと言わない優しい「なすがまま子ちゃん」のアン。

b0136381_1232879.jpg

「こんなにソフトに触れてくれるコはアンちゃんだけだよ」って
お父さんはアンの魅力にメロメロだったね。

b0136381_12142577.jpg

b0136381_6474037.jpg

小さいお友達もアンのことが好きだったね。
b0136381_12151052.jpg

ママさんに甘えても、みんなやきもち焼かなかったものね。
b0136381_12152767.jpg

「癒されるわ~」って、ご近所のみなさまにも可愛がってもらったね。

アンに会うと、ヒトもワンも優しいメロディに包まれて穏やかな気持ちになるんだね。



b0136381_1129241.jpg

病気で倒れても何度も笑顔で復活してくれた静かな頑張り屋さんだったけど
ヴァレが旅立って以来すっかり笑顔が消えて、心が遠くに行ってしまったみたいでした。

小さい時からヴァレを頼っていたアン
b0136381_12304336.jpg

b0136381_1231092.jpg


お別れの直前ヴァレの手に触れるアン
b0136381_1242062.jpg

「お母さんたちを慰めたら追いかけましゅからね」って、ささやいていたのかも知れません。



b0136381_17483623.jpg

14日には公園を散歩して大好きなコウちゃん家まで歩き、ママさんにご挨拶をして
その足でフィラリア検査のために病院へ行きました。
そして各内臓のエコーと肺のレントゲンも。

なすがまま子ちゃんのアンは「良い子ですねぇ」と絶賛されたね。

肺の腫瘍は心臓に覆いかぶさり右肺は全部真っ白だったけど、心配してたエコーの結果は問題なし。
お父さんもお母さんも、ほっとしたよ。 付き合ってくれてありがとうね。

その晩は黒鯛とステーキ、みんないっしょのメニューを美味しそうにうまうま。
これがアンが食べた最期の食事になりました。

この翌日ヴァレを見送ってから7日後の朝、貧血のため意識が遠くなりました。
お灸とマッサージで3時間後にはやや血の気がもどり少し動けるようになりましたが
動いた後は、また歯茎が真っ白になるという状態に。

そしてヴァレの時には使わなかった薬。
使っていたら「もう少しラクにしてやれたかも」という思いでアンに飲ませました。

その夜は何度も吐き、フラフラになりながらも自力でトイレに立ち、血と薬を全部出し切りました。
アンにピッタリ寄り添ってさすりながら一晩過ごしました。

アンは検査も薬も拒絶しませんでしたが
「ヴァレちゃんもあたちにも、お薬は必要ありませんでちたよ。
お父さんとお母さんのケアで◎でちたのに」と、アンらしく優しく諭してくれた気がしました。


b0136381_13391727.jpg

翌日16日午前11:30

「アンちゃん、12時には先生が往診に来て点滴してくれるからね」という
お父さんの言葉を聞いた直後、慌てたように息が速くなり
ストレッチをするように可愛いしぐさで伸びをして、私たちの手を握りながら微笑んで旅立ちました。



お父さんをおいてヴァレのところまで駆け寄るアン@K公園
b0136381_17412487.jpg

アンの嬉しそうな顔を見ると「そんなに急いで追いかけなくても良かったのに」とは
言えませんでした。

ヴァレが旅立ってから、その悲しみに囚われたままの私が「今日からアンに集中するよ」と
空を見ながらヴァレに誓い、早朝ウォーキングからもどった朝、アンが倒れたのです。

きっとお母さんの心が立ち直るのをギリギリ待ってくれてたんだよね。
あんな深刻な病気の状態で1年8ヶ月も粘り強く頑張ったんだもの。すごいよアン。

どこまでもどこまでも優しいアン。天使のようなアンジェリーナ。
アンが奏でる優しい旋律は滑らかに流れて心の中で優しく響き続けています。


b0136381_15502652.jpg


「ヴァレアンの絵日記」 最終章まで読んでくださってありがとうございました。
たくさんの応援と楽しい時間に感謝いたします。
by valleange | 2014-05-31 14:13 | メモリー
<< ニューフェイス 幸せの黄色いボール >>